スロージギングで重いジグを使う意味とは?そのメリットとデメリットについて

スロージギング


どうも、う〜さんです!


先日TRUSUTさんでの近海スロージギング釣行で改めて考えさせられた



重いジグを使う意味



私は基本、島根半島の近海やカンナカなど、水深が100m以内のポイントであれば、
150gまでのフォールが早いジグ、遅いジグがあればなんとかなるって思ってます


ですが、実際それではどうにもならない状況でした。
自然相手のことなので、想定外のことはあるとはいえ・・・・難しい。


ちょっと自分の整理の意味も含めて文章にまとめてみようと思います。


それではご覧ください。


↓↓前回のTRUSTさん近海スロージギングの記事

スポンサードリンク

スロージギングにおけるジグウェイトの考え方


私がスロージギングを始めた時、基本は「水深=重量」になっていればなんとかなる
って教えてもらっていました。


これも間違いではないと思います。
2年くらいこの考えでやってましたが、なんだかんだ釣りは成立してましたし(笑)


今はちょっと自分流のエッセンスを追加してます。


ジグウェイトは浅いところでも100gを基準にして、70g〜150gの範囲で調整するような感じで釣りをしていますね。

重いジグを使う意味は?


水深が浅い場所で重たいジグを使うのってどういう意味があるんでしょうか??


前回の釣行は大雨のあとで中層の潮がぶっ飛んでいたため、フォールが早いジグを潮上に思いっきり投げても着底するのはぼちぼち潮下・・・
(投げるといってもせいぜい20mくらい)


45度とまでは言いませんがなかなかの傾きの中でジグを動かす必要がありました。


非常に釣りしづらい(ーー;


そいいう観点から考えると、普段使わないような重さのジグを使う意味というのは


釣りしやすい状況を作る


ということだと思いました。



そこである疑問が出てきたので、私が「豪腕」だと思うスロージギンガーに質問をしてみました。


重いジグを使うメリットとデメリット教えてください

スポンサードリンク

メリット

潮がぶっ飛んでいても重いジグを落とせばその潮に負けずジグが動いてくれる。


 これは結構大事で、軽いジグは潮に流されバランスを崩してしまうため、
 「ジグ本来の動きができない」のでアピール力が落ちるだけでなくて魚に
 違和感を与えるんだそうです。


 違和感を持つとやっぱり警戒するし、食いが落ちます。
 なので、ジグ本来の動きができる重さを落とすというのは釣果を伸ばすコツなんだそうです。


 この方はカンナカの90mラインで210gと300g落とすこともあるそうです。

シルエットが大きくなるので、魚に気づいてもらいやすい。


 魚に気づいてもらえん事には始まらんでしょ!という事らしいです(笑)
 まぁ確かに。

 これはデメリットにもなり得るらしいですが、メリットになるケースの方が多いって
 言ってました。

「重くする=フォールが早くなる」ではない。むしろ遅くなるものもある。



 ロング系のジグなんて特にそうだという事です。
 ウェイトが重くなるとサイズも大きくなって水の抵抗が大きくなるので、思ってるほど
 フォール速度って変わらんよ!という事。
 

 私の愛用品「SFCのレクター」はサイズが大きくなれば水の抵抗が大きくなるから
 落としてみたら俺の言ってること良くわかるかもよ!と。

 レクターの300g前後は持ってないので早速楽天で注文しました(笑)



ふむふむ、なるほど。

スポンサードリンク

デメリット

シルエットがでかくなるので数が伸びにくくなる(ことがある)

 
 これは正直気にしなくてもいいって言われましたが、あえてデメリットをあげるとすると!
 っていう話のようです。


 シルエットが大きくても自分より大きいベイトを食うことがあるのであんまり気にしなくても
 いいんだそうです。


 ただ、マイクロベイトの時はお通夜になるので「タングステンの重いやつ1本持っとけ!」って
 言われました(笑)

あえてデメリットを上げてみたが


デメリットについては細かいことをいうとキリがないということで、あえてあげるとするとこれかなぁ、という感じでした。


そもそも、通常その水深で使わないような重さのジグを落とす時点で状況は良くない訳です。


魚の活性なのか、潮がぶっ飛んでいるのか、風の影響で船が早く流されていてラインが立たないのか、色々な状況が考えられます。


そういう状況にも対応するために「あえて」それを選択してる状況なので、あまりデメリットなど言ってられないよ。といことですね



今要点だけまとめるんですけど、私はこの雑談の中でこの件は妙に納得できました。

まとめ

私の無茶振り(質問)に真面目に答えてくれる豪腕な人。


いつもありがとうございます(笑)


今回は重たいジグを選ぶ意味というものをまとめてみました。
これから秋〜冬にかけてヒラマサ、ブリ、根坂も夏バテから復活して活性が上がってくる時期になります。


しっかりとジグセレクトを意識して、楽しく釣りをしましょう!


また、オフショアで釣りをする場合はライフジャケットなどの安全装備はもちろんですが、
マナーを守って楽しくやりましょう。


↓↓合わせてこちらもご覧ください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました