宍道湖シーバス情報!短時間での数釣り狙い!オススメなルアーなども紹介します!【釣果情報】

シーバス

どうも、う〜さんです。

2019年8月29日に宍道湖のデイ〜夕マヅメ釣行してきました!
この日はブログメンバーのDAIWAオタクな方と2人での釣行です。


大雨のあとで、小型河川からは泥水が入っていて、流れの筋とその周辺でいい感じのコントラストになってました。
10cm前後のベイトや40cm程のコノシロスジエビイサザアミなども見えて、かなりの生命感です。


今回は同行メンバーにおすすめポイントとおすすめルアー教えててもらってやってみました。
さて、結果はどうだったでしょうか?


それではご覧ください!

スポンサーリンク

今回のポイント


今回は教えてもらったポイントなので詳しくは書きませんが、宍道湖北岸の砂と捨てブロック、ウィードがあるシャーローとブレイクの絡むポイントです。
(こういう場所って宍道湖には結構あるそうです)


小型河川の流入があり、流れと淀みが明確にあるポイントでした。

タックル

本日のタックルは、いつものキス釣りで使ってるタックルです。


ロッドは「SHIMANO DIALUNA S96MH 」
リールは「Daiwa カルディアLT 5000CXH」
ラインは「X4 2号 300m」


ルアーは、ミニエントグルービントリックアッパーバーティス97SSRモアザンペンシルを使用しました。


今思えばですが、このタックルはこの時期ではかなりのオーバースペックです。

釣り開始!


今回はDAIWAオタクな方の好意でいい場所譲ってもらいました。

ここで釣れなかったらちょっとヤベェな!というプレッシャーの元スタートです。

キャストする場所を考える


この日、釣り開始のタイミングでは少しうねりがあってウィードの場所がわかりにくかったですけど、偏光サングラスをかけてよく見ているとなんとなく想像がつく感じです。


アドバイスとしては、「水面で判断がつく背の高いウィードの間を通して行く感じで!」ということだったので、まずはどう投げるとウィードがかからないのか?というの探るために
グルービン」を投入!


探るとかって言って投げたら即バイトでした。

DAIWA グルービン シーバス 宍道湖
ディアルーナ カルディアLT

30cmちょいでしょうか?
元気よく飛び出してきました(笑)

これくらいのサイズだと思われるアタリがすごい数あるんですが、やはり魚が小さいのですぐバレます。

沈んでるウィードもあるので、そのうえをトップで引くか、少しレンジを入れるか。
ミニエントをボトムちょんちょんしてる時にちょっとした船道みたいな駆け上がりがあるのにも気づきました。

また、対面の足場から2mくらいでしょうか、なかなか激しい捨て石もありましたね。

水面を見ると一見変化のないように見えて、投げる場所を考えてやると色々な気づきがあります。

スポンサーリンク

だいたい理解したらシーバスを誘い出す!

ある程度ポイントを理解したらあとはシーバスを誘い出して仕留めていきます!

この日はスタート直後はうねりがあったものの、時間が経つに釣れて凪ってきて釣りはしやすい状況でした。

またベイトもいるので、タイミングが合えば釣れるだろうという感じでやりました。


しかし、Daiwaオタクな方は気がつくと釣ってます。


さすがです。


私も負けじと、グルービン、ミニエントなどをテンポよく動かして魚を誘って掛けていきます。
でもバレますorz


MHのロッドもですけど、魚が小さい、バイブレーションのワインドやリップ付きのルアーをトゥイッチしたりしてキビキビ動かしてる、ということもありミスバイトが多かったような気がします。


そんな中でもなんとか魚は釣れました。

シーバス DAIWA ミニエント 宍道湖
シーバス DAIWA ミニエント 宍道湖
シーバス DAIWA ミニエント 宍道湖


ミニエント、グルービン、いい仕事しますね!
(このあとグルービンは殉職)

スポンサーリンク


また、うねりが落ちて水面が鏡になったタイミングでトリックアッパーを入れると水面炸裂!

シーバス DAIWA トリックアッパー 宍道湖 モアザン


4年前にガボッツでランカー取って以来のトップウウォーター。
なんか、めっちゃ嬉しかったです(笑)


このルアー初めて買った時に、どうやって使うんだ?って思ってましたけど・・・
使い方間違ってなかったみたいです。


パニック系アクションからの、ダイビングペンシルのように強めに引いて潜らせて顔出す感じで止めを入れたら食ってきました。

まとめ


結果、この日は夕マズメのゴールデンタイムに入っても40前後のセイゴラッシュという状況は変わらないので撤収となりました。


今年は最近まで雨が少なくて魚の活性もイマイチでしたけど確実に今回の雨のご利益はあります!


大型河川ではなく、小型河川(用水路)などの流入部分は泥水の筋と湖の濁りの層がはっきりしていたので比較てポイントは絞りやすいように思いました。


今回は河川の流入の流れの中ではなく、その付近にある淀み(ウィードエリア)に多く魚がついているという結果です。


もう9月になって秋の様子になってきていますが、まだまだ宍道湖で数釣り楽しめると思います!
この記事を参考にして初秋の数釣りを楽しんでみてください♪


最後まで読んでいただきありがとうございました!!

↓以下の記事も合わせてご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました