初心者必見 夏の夜釣りワームで初めての一匹を釣る

初心者釣り入門書

何が釣れるの?夏の夜釣り釣れる魚種

マゴチ チヌ カサゴ ソイ 初心者
チニング

私の住む山陰ではシーバス、マゴチ、チヌ、カサゴ、ハタ類などが釣りやすいです。

※ただし今回はシーバスはターゲットにしていません。

スポンサーリンク

使用するロッドとリール

とりあえず最初の一匹を釣るのであればチョイ投げロッド、ルアーロッドなんでもいいと思います。手持ちのロッドとリールを使いましょう。
オススメするとすれば感度の良いアジング、メバリングロッド、エギングロッドの7gくらいのルアー対応のものが良いと思います。
リールはスピニング2000、2500、3000くらいが良いです。

私はベイトタックルでも狙ったりしますがその場合は軽いルアーに対応したベイトリールが使いやすいです。

まずは一匹 オススメの仕掛け

おすすめジグ 釣れるジグ チニング
爆釣ジグ

私がオススメする仕掛けはメジャークラフトのジグパラヘッドBUN太です。

この仕掛けはラインテンションをかけると、フックが立ち上がる起き上がりこぼし設計で水中でワームが立ち上がりアピールします。また立ち上がるので根掛しにくく使いやすいです。

上記の魚狙いでは5gがオススメです。この重さの理由は後で説明します。

おすすめジグ 釣れるジグ チニング
爆釣ジグ

もう一つはカルティバの虫ヘッドです。これのオススメの重さはズバリ4.5gです。

虫用ヘッドですがこれにワームをつけて底を引いたり、スイミングでも使えます。
同じ重さで針の軸が太いタイプもありますので必要に応じて使い分けるとよいです。細い針だと掛かりは良いですが大物だと針が伸ばされることがあります。

どちらの仕掛けも値段が安く、根掛ロストしても財布へダメージは少なくて済みます。
以上の仕掛けをラインの先に結ぶだけの簡単な仕掛けです。

オススメの釣れるワーム

おすすめワーム 釣れるワーム チニング 爆釣ワ-ム
おすすめワーム 釣れるワーム チニング 爆釣ワ-ム

先ほどの仕掛けにワームをつけてやります。
オススメは「バグアンツ」という商品名のホッグ系定番ワームや、カニのような爪の付いたクロー系のワーム。ガルプの「サンドワーム」というワームもよく釣れます。

ワームサイズは2~3インチ。カラーはレッド、オレンジ、ゴールドが定番です。
夜釣りの場合はホワイト系、グリーン系が有効な場合があります。

スポンサーリンク

実際やってみた まずはポイント選び

チニング ポイント
この写真はイメージで実際はこの場所ではありません

豪雨が降り、雷が鳴る夜でしたが雨が弱まった合間を見て出かけてみました。
本来はこのような天候の日は出かけない方がよいでしょう。


ポイント選びですが、通常は水深のある場所、潮の流れの良い場所がオススメとされています。


私の場合ですが、まだ釣りを始めたばかりのころに夏のワーム夜釣りでこのような場所に一人で通い続け7,8,9月の三ヶ月間ずっと何も釣れませんでした。ただ下手なだけですが、そもそもどうやったら、何をしたら釣れるのかが分かりませんでした。


このような場所は十分に慣れていなければ危ない場所だったりしますので、夜間に無理してそのような場所に行く必要はありません。しかし釣りやすい場所は人気でいつも先行者がいます。


目先を変えて流れの弱い場所、浅い場所を狙ってみましょう。そのような場所は誰も狙っていないことが多く意外とそこに魚がいたりします。

そっと足元から狙ってみる

ポイントに着いてまずはいきなり遠投する必要はありません。
キャストしてルアーで水面をたたいて魚を驚かせプレッシャーを与えるよりも、まずはそっと足元から狙ってみましょう。
近くで魚が釣れればその方が効率よく釣れますし、わざわざエイヤとフルキャストして疲れることもありません。

私もそうですが慣れないうちは暗闇の中で狙い通りキャストするのは難しいですし、そもそも遠くまで飛ばせません。
けどそれで大丈夫です。いつも私はフワッと10mくらいしか投げていませんが、結構足元で釣れたりします。

投げたら引きずる カニの動き

先ほど紹介した仕掛けをつけて投げたら仕掛けが底につくまで待ちます。
仕掛けが5gをオススメとしたのはこれより軽いと仕掛けが底に着いた感覚が分かりにくいからです。あと軽いとキャストもしにくいです。
もちろん慣れた人や感度のいいロッドを使えばいいのですが、最初は5gくらいが底が分かりやすい最小の重さかなと思います。


後はキス釣りのようにできるだけゆっくりズルズル引きずればいいです。
カニのようなワームをつけているのでカニが海底を這っている動きをイメージすればわかりやすいです。
なのでポイントに本物のカニがいる場所はチャンス大で、カニを狙った魚がいる確率が高いです。そこにいるカニの色に合わせたワームカラーのグリーン系、ブラウン系をチョイスしてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク

ジャンプしてアピールしてみる

引きずってるだけで釣れない、または根掛しそうになったらカニワームをジャンプさせるイメージでロッドほんの少しだけ振ってみましょう。


このジャンプも5gがちょうどいい重さで、小さなアマガエルがピョンとジャンプする感じです。
もっと重い10gを使うとドッシンドッシンとしたジャンプになります。
このような音のアピールが有効な場合もありますが重いと魚の喰いが悪くなりますし、慣れるまでは根掛りしやすくなります。

重くしても7gまでが釣りやすい重さだと思います

釣りにくければ移動する

重くしても仕掛けが流される、なかなか底まで落ちないのでしたらその場所はとりあえずあきらめて浅い場所、流れが弱い場所を狙ってみましょう。


同じ場所で粘るよりも早々に違う場所に移動した方がよいことが多いです。

まとめ~それでも釣れなければ

マゴチ チヌ カサゴ ソイ 初心者
チニング オコゼ
マゴチ チヌ カサゴ ソイ 初心者
チニング キジハタ アオハタ

 この日は移動して二回目のポイントでオコゼの仲間アオハタが釣れました。どちらもグリーン系のワームでした。
いずれも浅い場所でフワッと投げて7mくらいのとこで釣れました。
これでも釣れない場合は気持ちを切り替えて餌を使うのも手です。夜釣りのオススメ餌は青イソメです。
青イソメは紹介した虫ヘッドに付けるだけですので仕掛けを変えることなく同じ釣り方でOKです。

餌を使って魚がいること、釣れることが確認できれば自分だけの新しいポイント発見です。ポイント開拓できればポイントの選択肢が増え釣れる可能性もアップします。そして次回ワームで釣ればいいのです。

やはり釣れると楽しいですね。少しずつ焦らずステップアップしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました